会場紹介

IMG_3405王丸屋ステージ (本部受付)

明治時代は旅館として、大正時代は燃料屋として使用されていた、築140年の建物です。

現在は民家として使われていますが、近い将来みんなが楽しめて
のんびりできるスペースとして生まれ変わる為、絶賛改修中です。

※当日チケットの販売窓口となります。

 

 

 

豊村酒造ステージ

明治7年創業の会社で、大正時代には旧津屋崎町、旧福間町にまたがる工場を持つほど大きな酒蔵です。

津屋崎千軒のシンボルであり、中に入ると、明治、大正、昭和で使われてきた酒造りの道具や機材が残っており、当時の酒造りを彷彿させます。

また、明治期から残る建物は歴史的評価も高く、その作りに圧倒されます。
そして、中庭に立つ煙突は津屋崎千軒のどこからも見え、訪れた人を迎えています。

 

藍の家ステージ

築115年の明治34年からある元紺屋です。塩木の梁や三和土の土間など当時の町家形式を現代まで残しています。

また、藍の家の管理をしている「藍の家保存会」のお母さんたちもここの魅力の1つです。
津屋崎に来られた方を温かく出迎えてくれます。
そして、お母さんたちとおしゃべりをすると様々なことを教えてくれます。

津屋崎の訪れる際はまずここを目的地にしてください。
ここから、津屋崎散策をスタートされると、津屋崎をより一層楽しめます。

 

旧河野邸ステージ

約30年間空き家だった築約60年の家を2012年4月11日にゲストハウスとして再生させました。
津屋崎で暮らしたいと考えている人や訪れた人、体感したい人をお迎えする場所です。

コンセプトは「暮らしを継ぐ」で宿泊者は「一日家主」として生活します。
そして、近所の方とおしゃべりしたり、お祭りに参加したりして都会では味わえない生活を味わうことができます。

 

なごみステージ

津屋崎千軒の玄関として、2009年にオープンした福津市津屋崎の情報を発信する施設です。

館内には、津屋崎の歴史や伝統工芸品が展示されています。また。休憩できるスペースもあります。